Lサイズプリント①

Lサイズプリント①

標準的な大きさ

注文が一番多い

写真屋なので、一番一般的な大きさのプリントを詳しく解説します。

スポンサードリンク

写真と言えば、ほぼこのLサイズのことを指します。手に取って見たり、アルバムに貼って見るのにお手軽な大きさです。注文が最も多いサイズで、値段もお手頃です。ではどうしてLサイズが今日、写真プリントの標準になったのか。

印画紙が高価だった

Lサイズが最も一般的なサイズになる前は、もっと小さなサイズが主流でした。今ではLサイズが一般的で最小のプリントサイズですが、(お店によります)今までのサイズより大きいのでLサイズという呼び名になったようです。大体1980年代あたりからだったと思います。街の写真屋さんが増え始めた頃ですね。高価だった印画紙も数がさばけることで単価も下がりました。

実際は

微妙な大きさである

お手軽でそこそこ大きくて見やすいんですが、持ち歩くにはちょっと不便な大きさです。財布の中に忍ばせておくには大きいですし、額に入れて飾っておくには迫力不足です。

大きさは、 89mm x 127mm  何とも中途半端なmm表示。

でもinch表示にすると、  3.5inch x 5.0inch   意外とすっきりした 表示になります。写真のサイズに関する数字はinchにすると意外にすっきりすることがあります。

日本では定着

写真プリントと言えば、ほぼまちがいなくLサイズのことを言います。注文されるお客様も90%以上の方がLサイズを選ばれます。出始めてから30年以上たって、この先特別なことがない限り、ずっと続くでしょう。

欧米では一つ上のサイズ、KGサイズが主流のようです。なぜそうなのかについては、すいません、よくわかりません。

要約

一番普及しているプリントサイズである

写真屋さんでできるプリントの中で、一番小さいサイズなのにLと呼ぶのは、それ以前がもっと小さかったから

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう