記念写真、集合写真の失敗③ ゆがむ

ゆがむ問題 あとで気がつく 記念写真、集合写真に限らず、撮影しているときはシャッターを押すことにのみ神経を集中して、その他のいろんなことにまで気が回っていません。そこで写真が出来上がってから「あっ!」と気がつくことが多いのです。 写真の歪みもその代表的なものです。細かい所まで気にしなければ気がつきません。普通のスナップ撮影ならほとんど問題ありません。ただ集合写真となると気になってしまうことがありま […]

記念写真、集合写真の失敗② ななめ

集合写真にありがちな失敗二つ目です 斜めになってしまう問題 気がつかないかもしれないが 写真店ではふつう、受け付けた画像は濃度の調整と、まれに色味の調整をすること、プリント範囲の微調整以外、画像に手を加えることはありません。ただ記念写真など後々ずっと残るものについては多少の調整をします。(お店によります)そこで気になるのが、斜めに傾いた写真。 一見、何ともなさそうですが、撮影後やプリントしてみて気 […]

記念写真、集合写真の失敗① 切れる

プロならあり得ない失敗もアマチュアなら頻繁に起こる ここからは、記念写真、集合写真でありがちな失敗を各項目別に書いていきます。実際よくある例なので写真を撮るとき注意して下さいね。 切れてしまう問題 いわゆるフレーミングの問題です。これが写真のプリント範囲の問題とも絡まって、残念写真となってしまうのです。どういうことかと言うと、端っこに写っている人物や、頭の上部、足先などが写真からはみ出してしまうの […]

プリントサイズ まとめ

プリントサイズの集約 コストの問題 今、写真店でプリントできるサイズはL、KG、2L、6P、6Pw、4P、4Pw、A3、A3ノビ、ハイビジョンなど、おおよそどこのお店で注文しても同じサイズの設定になっていると思います。これは、ペーパーを供給する会社とプリンター、現像機等、ミニラボに機器を納入する会社が極めて限られている上、今以上サイズバリエーションが増えると、増えたサイズに対応させるためのコストが […]

古いフィルムで撮影したら

以前の記事の検証 長期間未使用のフィルム 以前の記事で、撮影して長期間放置したもの、長期間未使用で最近撮影したもの、いずれもいいプリントは得られないと書きましたが、今回、長期間未使用のフィルムを入手したので試しに撮影してみました。 使用期限が1996年9月なので、製造年は1994年頃でしょうか。20年以上前です。信じられないくらい古いですが、何処からか出てくることがあるものです。だからと言って使っ […]

御薗橋工事中②

一旦中断 増水期間中 御薗橋の掛替工事はこれから梅雨時期に入り、賀茂川が増水する恐れのある時期、およそ6月~9月までの間は工事が止まります。河原に降りて橋周辺の写真を撮ってみました。 河原に降りる階段はけっこう急で、気を付けていないと、ひっかけて転んだりしたら大変です。石材などは旧御薗橋で使われていた物が再利用されています。 一方スロープはかなり穏やかで、自転車で河原に降りることも可能です。 &n […]

スクエアサイズプリント

スマホからのプリント 2~3年前から増える スマホからのプリントが多くなって久しいですが、それに伴って通常サイズ以外にハイビジョンサイズやスクエアサイズの画像を注文される方が増えてきました。 話は古くなりますが、35mmフィルムのカメラが広く普及する前は、ブローニィフィルムを使う二眼レフカメラが多かったように思います。 上からのぞいてピント合わせするやつですね。このタイプは縦横同じ比率のスクエアだ […]

ハイビジョンサイズ

コンパクトデジカメ、スマホでよくある問題 横に長いのです ハイビジョンサイズと言っていますが、あまりなじみのないプリントです。縦横比が9:16で、現行テレビ放送であるハイビジョン放送と同じ縦横比なのでこの名がついています。89mm幅のペーパーからプリントすると、89mmx157mmとなり、Lサイズプリントより30mm長いプリントになります。 何故このハイビジョンサイズプリントが出来たかというと、コ […]

1 2 5