写ルンですが今流行っている?

写ルンですが今流行っている?

なぜいまさら?

写ルンですが発売されてからもう30年以上経っています。フィルムという過去のメディアです。

今の若い人たちにとって写真を撮るということは、デジカメでありスマホであるわけです。写ルンですはハッキリ言ってかなりめんどくさいです。撮ってから見れる状態になるまでかなり時間がかかります。それでもなぜ?

新しいものとして受け入れられた

デジタル写真しか知らない世代にとっては、全く未知のメディアだったのかもしれません。さらに、フジフィルムのCMキャラクターである広瀬すずちゃんが「やってるよー」っていうことになれば、SNSを通じてあっという間に広がったりします。そこで、「私もやってみようかな」という人が増えても不思議ではありませんね。

では、実際どうなのか

先に言ったようにフィルム写真はめんどくさいです。逆にそのめんどくささが良かったりするのかもしれません。

  • 出来上がった写真はデジタルに比べてかなり ユルイ 仕上りである (プラスチックレンズのせいです)
  • それがかえって良いものとされている (まるでアプリで加工したかのような雰囲気のある仕上がりになる)
  • ちゃんと撮れているかどうか不安である (出来上がりまでのワクワク感が楽しい)
  • デジカメ、スマホの不調時、バックアップになる (どうしても写真が欲しいときのピンチヒッターになる)
  • 比較的、手に入れやすい (一時期コンビニからも姿を消していましたが、復活しているところもあります)

等々

ただ、出来上がりにはムラがある(撮る人によって)

ここからは少々悲しい話です。

せっかく撮ったのに写真屋さんから戻ってきた写真にガッカリ、ということがありませんでしたか?

良い結果を得られないので「もう、やめたー」ということになってしまった方、いませんか?

結局、デジタルにとって替わられる存在でしかないんだと思い込んだ方、いませんか?

結構、金かかる割にいいものできないなーと思った方、いませんか?

もしそんな人がいたなら、せっかく興味を持たれたのにもったいないなと思います。

フィルム写真のことを少しでも知っている人であれば、それなりに良い結果を得られます。そうでない人は失敗写真のオンパレードということになります。スマホと同様、基本、シャッターを押すだけのお気楽写真ではありますが、この差はどこかから?

最低限知っておいたほうがいいことがある

フィルム写真をうまく撮るには幾つかコツがあります。写ルンですに限らずフィルムでの撮影には知っておいた方が良いことがあります。

それでは次の投稿から、お客様からお預かりした写ルンですに見える失敗の事例から、「気を付けたらよくなるよー」ってことを話していきたいと思います。

要約

流行っているけど知らないが故、失敗も多い

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう